中学受験で志望校を決定する際のポイントとして、大学附属校かどうかということがあげられます。
大学附属校を選ぶか、中高のみの進学校を選ぶかについては、ご家庭の教育方針などによって決めることとなります。
中学受験で附属校を志望校に選ぶメリットとしては、中学入学から大学までを一貫して同じ学校で過ごすことができる点があげられます。
大学入試で入学しようとすると、受験生の中で比較的上位に位置していなければならない私立大学もあり、6年後の大学入試の時点で、こうした学校に見合った実力を身に付けていられるかどうかというのは、不透明な部分もあります。
こうした学校に中学受験で入学することで、大学まで過ごせる保証が得られるのは大きな安心といえるでしょう。
大学入試のためにかかる予備校代を節約することもできます。
また、大学まで過ごすことができると決まっていれば、自分の好きなことに打ち込む時間も確保することができます。
海外にしばらく留学したり、スポーツや楽器などを極めてみたいと考えているお子さまにも向いているといえるでしょう。
その一方で、在学中に他の大学に進学したくなったときに、充分な進学指導が受けられない可能性も考慮する必要があります。