中学受験の志望校を選ぶ際には、学校説明会などとあわせて、文化祭やオープンキャンパス、体育祭などの行事に積極的に足を運ぶことをおすすめします。
学校側の説明会を利用すれば、学校の概要を知ることができますが、実際に行事に参加してみると、これまでとは違った角度から学校を見学できます。
また、お子様自身がその学校の行事に触れることで、中学受験のモチベーションを高める効果も期待できます。
文化祭やオープンキャンパスでは、在校生が部活動の成果を披露したり、展示物の案内をしてくれます。
志望校に合格した後に入りたい部活があるときには、参考にすることができますし、生徒さんの受け答えから、学校の雰囲気もつかめます。
また、私立の中高一貫校では、文化祭の展示が小学生のお子さんや保護者を意識したつくりとなっていることも多いものですが、生徒さん自身も楽しんでいそうかどうかという点にも注目したいところです。
オープンキャンパスでは、校内を在校生が案内してくれることもありますので、学校生活や部活動のことなど、気軽に尋ねてみるのも良いでしょう。
中学受験でスケジュールが詰まってくる6年生の秋以降は、見学が難しくなることもありますので、5年生頃から見学をスタートしたいものです。