中学受験の志望校選びは子どもと学校の相性が非常に重要です。
くれぐれも偏差値や親の世代の価値観で決定するのは避けましょう。
というのも最近の私立校は少子化の影響もあり、進学実績を伸ばすことに力を入れています。
今の親世代はバブル期以降に社会人になった人が多く、経済的にシビアな一面がありますよね。
費用対効果を求めて私立を選ぶ傾向もあり、進学実績は分かり易く成果を見せられるので学校側も力を入れています。
しかしその力の入れ方も様々です。
特進クラスを設ける学校も多くありますが、学校によっては特進クラスにだけ力を入れ、進学実績も有名大学に進学するのはほぼその生徒達だけ、といった例も沢山あります。
そういった側面を説明会や在校生の評判等から見抜くことが大切です。
また進度の速さを売りにする学校に関してもそこに無理があれば意味がなく、むしろ勉強が嫌になってしまうケースも見られます。
理解力がないまま先に進んでしまえば、どんどん分からなくなるだけです。
特に親の意思で中学受験を決め、本人が勉強が嫌いな場合は良く考えてあげてください。
子どもをやる気にさせるような、その子に合った教育をしている学校も必ずあるはずです。
学校や生徒の雰囲気も志望校選定の大切な要素になります。
大らかでマイペースな子は管理された環境では個性が活かせないかもしれません。
かといって自由すぎてもハメを外す可能性もあり、丁度よい塩梅を察するのは親の出番です。
最後に中学受験では何か1つでも良いので、子どもがその学校を選んだポイントを持たせてあげてて下さい。
人間形成に非常に大切な6年間を過ごす場所です。
自ら選んだ、という自覚は大きな自信になります。