中学受験をしようとした時に、ネットや資料から得られる志望校の情報だけでは判りにくい点があります。
実際に志望校のキャンパスに行き、五感で感じとらなければ学校の雰囲気は判りません。
3年間、6年間と通う学校です。
将来の進学に有利と情報ではわかっていても、実際に通い始めると茶持っていた印象と異なる時があります。
そのギャップを埋めるのがオープンキャンパスです。
御オープンキャンパスでは、通っている生徒たちの表情や授業中の様子を直接見ることができます。
中学受験をする生徒は思春期前の小学生です。
自分が通いやすそうな学校は、実際に自分の目で見た印象として感じとることができます。
オープンキャンパスで中学純をする生徒同伴で志望校を訪問することは大切です。
訪ねた時は、施設の充実ぶりや休憩時間などで仲良く友人同士で話をしている様子を確認しておくと良いでしょう。
またトイレなどなどの汚れやすい施設を確認しておくと生徒指導の様子を把握することができます。
授業以外で、中学生活の主となる部活動の様子や顧問の先生の指導ぶりも確認しておくと良いでしょう。
これから多感な思春期を迎える中学受験生が、自分の力を十分に伸ばしていける場であるかを、直接確認することができます。