中学受験の志望校選定の際に気になるのが、その学校の大学進学実績です。
多くの学校では、ホームページに各大学への進学実績を現役・浪人別に開示しています。
進学実績をチェックするときに気を付けたいこととして、トップレベルの大学に数人の合格者がいるということには、あまりこだわらない方がよいということです。
学年で数人程度の合格者の場合、本人の自助努力による部分も大きいですし、その年によっては合格者がゼロであることも珍しくありません。
合格者を確かめるときには、むしろその学校のボリュームゾーンがどのあたりにあるかを見極めることがポイントといえます。
合格者を多く出している大学が、国立大学なのか、あるいは私立大学なのか、それぞれレベルとしてどのあたりの大学に多くの合格者を輩出しているのかをみておくと、中学受験の志望校の特色を把握することができます。
英語教育に力を入れている学校では、難関私大の文系や外国語大学などに合格者が多い傾向にあります。
また、理系教育に力を入れている学校では、医学部の合格者を別枠で開示していることも多いものです。
私立の中高一貫校では、教育に独自のカラーがありますので、中学受験の際に参考にしたいものです。