研修の目的

精力的な管理者

管理職研修で注意すべき点としては、管理職は多くの部下を指導する立場であるため、指導方法をきちんと習得しないといけません。
人材育成を常に念頭に置く必要があるため、指導方法のテクニックについて完全に熟知する必要があります。
また、ほとんどの研修は中長期に渡って行われる場合が多く、その中で人材育成を学んでいきます。
部下の育成をきちんとマネジメントできる管理職を目指すために、研修ではさまざまなプログラムが用意されています。
最近ではロールプレイングでの研修が中心となっています。
また、部下の育成シュミレーションや問題発生時の対応方法、基本的な部下との接し方について、研修で身に付けることができます。
研修の目的をきちんと理解しておくことが大事です。
会社ごとに研修のやり方が変わってきますが、どの会社も目的は同じです。
年配の先輩から管理方法を教わることができる貴重な時間であることを常に念頭に置くことが重要となっています。

大切なこと

タイトルにもある通り、企業の人材育成で大切なものとして管理職研修があります。
これは、人材育成を行なうすべての企業の命題であり同時に大きな課題でもあります。
会社で行なわれる人材育成には、いくつかの段階があります。
新入社員を対象とした研修やベテラン社員を含めた一般階層の人たちを対象とした研修、そして今回のテーマである管理職研修、更には経営層を対象とした役員研修など様々なものが存在しています。
では、その中でもなぜ管理職を対象としたものが一番大切なポイントであるかということについてお話しします。
企業の中で重要な役割を担っているのは、普通だと社長や重要なポストについている幹部職だと言われる方が多いですが実は、そうでもないというのが本当のところです。
実際に、会社を動かしているのは多くの一般社員なのです。
そして、その一般社員を統率し導いていくリーダーこそ中間管理職なのです。
この中間管理職の成長なくして、企業の成長は見えてこないというのが現状です。
ですから、人材育成を行なう上で必要不可欠なのは中間管理職の研修、そして彼らの成長なのです。
いくら行動的なカリスマな社長がいても全部自分一人だけで仕事を完結できる会社は多くはないと言えます。
むしろカリスマ社長一人いるよりも優秀な中間管理職が10人いる方が会社の業績としては安定したものが継続的に供給できるはずです。
本当の意味で、企業のど真ん中にいる彼らの成長が、部下の人材育成にもつながりその結果会社のよりよい業績向上につながるのです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031